コラム

QRコード決済のメリットとデメリット!利用者とお店の視点で考えよう

中国では、『WeChatPay』や『Alipay』を使ったQRコード決済が広く使われています。街のお店や露店、さらにはレンタルサイクルや物乞いの際にもQRコードが用いられているほどに普及しています。

周辺諸国のキャッシュレス状況に焦りを感じた日本も、近年になってQRコード決済アプリが多数登場してきました。スタートアップ企業はもちろん、日本を引っ張る有名IT企業もQRコード決済分野に多数参入を始めています。

QRコード決済分野に参入する企業
  • ヤフー株式会社 & ソフトバンク株式会社
  • LINE株式会社
  • 楽天株式会社
  • 株式会社NTTドコモ
  • アマゾンジャパン合同会社

上記のような大手企業がQRコード決済分野の主導権を取ろうと、大規模なプロモーションを展開するなどの手法を使ってユーザーを集めに必死になっています。QRコード決済に興味が無い層には、まだまだ普及が進んでいないのが現状です。

普及に時間がかかっている原因はいくつか考えられます。その中でも『利用者とお店側がQRコード決済の良さを理解できていない』に焦点を当てていきます。QRコード決済のメリットだけではなく、デメリットを利用者(お客さん)側と店舗側の視点から見ていきます。

QRコード決済のメリット

この章では、QRコード決済を導入・利用することのメリットをまとめています。利用者と導入店舗の両者の立場で考えて、QRコード決済の未来を想像してみましょう。

使用端末に左右されにくい

QRコード決済以外にも、最近増えている決済方法の一つに『NFC決済』があります。NFC決済はNFCを介して決済が行われるため、NFCが搭載されている端末を使用する必要があります。最近になって安価な端末でもNFCが搭載されるケースが多くなりましたが、それでも普及率は100%とは言えない状況です。

対して、QRコードはカメラさえ内臓されていれば利用できる手軽さです。安価な端末にも、ほぼ全てにカメラが搭載されているので、これが中国のQRコード決済普及の助けとなったとも考えられます。

お店側の視点

これまでは新しい決済手段を導入すると、新しく専用の決済端末を購入・レンタルする必要がありました。それに対して、QRコード決済ではiPadやiPhoneなどの手に入れやすい端末を一台用意すれば利用可能になります。とても手軽に導入することができますし、気に入らなければ導入を取りやめることができるなど、フットワーク軽く利用できます。

上述した例では、iPadやiPhoneなどの端末を用いる方法ですが、中には印刷したQRコードをレジ前に設置しておくだけで利用できるというものもあります。イタズラで張り替えられる可能性も否定できず、物理的なセキュリティが懸念されます。

この点から少し逸れてしまいますが、先日LINE Payが『LINE Pay 据置端末』を発表しました。LINE Payのように専用端末を用意した方がユーザビリティ(ユーザーの利便性)が向上することは間違いありません。LINEはお店側のスマホ・タブレット有無関係なく利用を可能にする環境の提供を目指しているようです。

QRコード決済は特殊な決済端末を導入する必要がないので、初期費用が抑えることができるので『ちょっと試しに導入してみる』のハードルが低い点が素晴らしいところです。

利用者側の視点

お持ちのスマートフォンにアプリをインストールし、クレジットカードと連携設定をするだけで利用可能となります。前述した通り、スマホの端末スペック不足で利用できないというパターンはほとんど発生することはありません。

アプリ内に加盟店として掲載される

加盟店のビジネスが少しでも有利になるように、殆どのアプリで『○○○Payが使えるお店』という形でお店の一覧を掲載しています。

お店側の視点

2018年にQRコード決済を利用している人たちは、『QRコード決済を拡めたい!』という気持ちを持っていると思います。『QRコード決済を導入して良かった!』という感想を持ってもらうためには、『積極的に導入店舗を探して使う』という行為が増えます。

そのため、アプリで紹介されているお店は利用される可能性も十分にあります。効果はそれなりに期待できるものだと思います。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
筆者もキャッシュレス派ですが、使えるお店を探すシーンが結構あります。

利用者側の視点

現金どころかクレジットカードすら持ちたくない、スマホ一台で済ませたい人はアプリ内で利用できる店舗を検索します。スマホ一台で、『調べる』『お支払い』まで済ませることができ、とても身軽でスマートな生活を送ることができます。

導入店舗一覧から、今まで出会うはずの無かったお店を知るチャンスもあります。積極的にアプリ決済を導入するお店は、買い物の中の一部『お支払い』にも真剣に考えている証でもあります。お客さんを一層大切に思っていることは間違いありません。

お釣りが発生しない

一口に『お釣りが出ない』と表現してしまうと、それほど強くメリットには感じないかもしれません。しかし、実は少し考えてみると大きなメリットであることが分かります。

お店側の視点

現金は不特定多数の手に触れており、衛生的には良いとは言えません。『お釣りが出ない』ということは、現金に触れる機会が減るということです。

QRコード決済を導入することで、少しだけ衛生面が向上されるでしょう。小さなことかもしれませんが、食中毒等のリスクを少しでも減らすことができるのは良いと思いませんか?

将来的に完全キャッシュレス化の世界が来たとすると、お釣りの準備が不要になりますので開店準備や閉店作業の負担が減ることになります。ただ、完全キャッシュレス化は難しいので、現実的には大きな実感は期待できません。なぜ完全キャッシュレス化が難しいか?については、過去に記事にしていますので参考にしてみてください。

『キャッシュレスは災害時に弱い』は本当なのか?9月6日(木)午前3時8分に、北海道を襲った最大震度7の大地震。明かりに灯された街の景色は、停電の影響で一面真っ暗になってしまいました。...

利用者側の視点

現金をメインに使っていた頃は、小銭の多さに悩まされる日々でした。小銭が沢山あると困るし、全く無くても困る…。お金に振り回される状況でしたが、キャッシュレス派になるとその悩みからは解放されます。『綺麗なお釣りが出るようにお金を出す』という習慣は昔話になる時代がもう目の前に来ています。

お金の流れがスムーズになる

今までのお金『現金は物』でした。アプリ決済におけるお金は『電子データ』です。電子データなので、お金の流れがスムーズになります。

理解できない方は、『手紙』をイメージしてください。昔は『手紙』を使って遠方とのやり取りを行ってきました。最近では『電子メール』だったり、『メッセージアプリ』などの『電子の文字』で瞬時に連絡が取れます。このスピード感が『お金』でも実現されるのです。

お店側の視点

ビジネスの観点では、何事もスピード感を持って営業するも大切なポイントです。

回転率を上げたいのに、お客さんの中には財布から小銭を出すのが考えられないレベルで遅いこともあります。QRコード決済が標準になれば、こういったお客さんの悩みから解放されます。

利用者側の視点

仲間内で飲み会を終え、会計の時によくある場面が『割り勘』です。割り勘の時に色々な人がいます。

  • クレジットカードで支払いたい人
  • 1円単位できっちり払いたい人
  • 小銭を持っていない人
  • 長期休暇で友達が帰ってきたが、次いつ会えるか分からないので貸しにくい

1回の飲み会で上記パターンの内1つは必ず発生しませんか?この面倒なシーンもQRコード決済アプリで簡単に解決します。友達間で手数料無料で送金することができます。当然受け取りも手数料無料です。

初めて知り合った人との送金が面倒では?と思うかもしれません。QRコードは『簡単にアクセスできる』という特徴を持っています。QRコードを表示させ、読み取ってもらうだけで手軽に繋がり、送金の準備・実行が可能です。

QRコード決済のデメリット

この章では、QRコード決済を導入・利用することで発生してしまうデメリットをまとめています。有名企業が参入しても普及が加速しない背景を考えていきます。

支払いの流れが少し面倒である

QRコード決済は、QRコードを読み取って決済する支払い方式です。『QRコードを読み取る』という行為は簡単なものですが、『読み取り画面』にするまでのステップが少し面倒だったります。

お店側の視点

お店側としては、QRコードを設置しておけばお客さんが勝手に決済を済ませてくれるので楽になります。待っている間に袋詰サービスを行うなど満足度向上が期待できるでしょう。

しかし、決済はお客さんの作業スピードに依存してしまうので、現金だと数秒で終わる支払いが数十秒かかってしまうというケースも考えられます。また、お客さんの端末の通信環境が劣悪だったり、システム障害が発生すると余計な仕事が増えるかもしれません。

利用者側の視点

『支払い画面』までのステップが多くなるのは大きなデメリットです。Cashless JAPANがQRコード決済よりも優れていると思う『コンタクトレス決済』と比較してみます。

操作 QRコード決済 コンタクトレス決済
ロック解除 ×
アプリ起動 ×
支払い宣言(店員に伝える)

上記の比較から分かるように、利用までの操作の手数が多くスマートさに欠けます。スマホ一台で外出し、お支払いも済ませられるのはとても良いのですが、支払いシーンが憂鬱になってしまいそうです。

現状では現金よりも不便な決済方法だとすら感じるレベルです。改善が求められます。

また、支払い画面に辿りつくまでにアプリ内のホーム画面を経由しますが、様々な情報が掲載されており表示が遅いこともストレスだったりします。加盟店の紹介も重要ですが、スピード感を求められる支払いの場面の優先度を上げて頂きたいと切に願います。(Origami Payをイメージして書いております。)

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
ローソンでOrigami Payを使ったときに、『面倒だなぁ』と思っていました。クーポンを見せる → 支払い画面を開く(カメラが立ち上がるので少し1秒ほど時間がかかる) → バーコードを表示 というステップの多さには、無料でコーヒーが貰えても利用を避けてしまう程でした。

※ローソンで無料コーヒーについては下記でご紹介しています。(キャンペーンは既に終了しています。)

【本日から】ローソンで『毎日コーヒー無料キャンペーン』が開催!ローソンで本日9月11日(火)から毎日コーヒーが無料でもらえるキャンペーンが開催されます。マチカフェコーヒーSサイズが対象で、アイスでも...

アプリ自体の知名度が低い

アプリを経由して決済が行うために使用するためには、利用者とお店の両者が導入をしている必要があります。アプリの知名度が低いことは致命的なデメリットと言えます。現金で言うならば、日本で日本銀行券が一部のお店でしか使えない状況です。これが今のアプリ決済の実状です。

お店側の視点

『せっかく導入したのに知名度が低くて使ってくれない』と頭を抱えるお店もあるのでは?果たして導入する意味はあるのか?と考えてしまうことでしょう。

そんなときは、導入のメリットでも書いた通り『アプリ内に加盟店として掲載される』というメリットを考えるようにしましょう。幸い月額利用料は請求されないアプリが殆どですので、『無料の広告』程度に考えておきましょう。

利用者側の視点

導入店舗が少なく、使えるお店が限られてきます。『あのお店使えるかな?』と事前に調べる必要があります。自然と使うではなく、意識して利用するというのが現状です。

少しずつ導入店舗の拡大がされてきているので、今後の展開に期待するばかりです。

結局、中身はクレジットカード

QRコード決済アプリは、事前にクレジットカードを登録して使用します。決済が行われると、登録したクレジットカードより支払い処理が実行されます。クレジットカードから正しく与信枠を確保できれば決済完了となります。

お店側の視点

QRコード決済アプリの多くは、月額利用料が無料で使用することができます。決済時のみ手数料がかかる仕組みで、決済額の数パーセントと手数料として引かれるようになっています。

アプリ業者もビジネスとして儲けなくてはいけませんので、クレジットカードの決済手数料よりも0.2%程度高い決済手数料を設定しています。

アプリのおかげで集客が見込めたり、客単価が上がっていれば決済手数料は決して高いものではないでしょう。

利用者側の視点

クレジットカードを使えるお店よりも、QRコード決済アプリが使えるお店の方が少ないのが現実です。アプリを使うことによって、逆に買い物の幅を狭めてしまっていたり、決済までのステップが増えるなど、冷静に考えると実はデメリットを増やしていることに気づきます。

苦行とも言える環境を乗り越えられるのは、QRコードアプリ決済の還元制度があるからです。お得なクーポンも配布されており、使うメリットもそれなりにあります。

利用店舗の拡大はもちろんですが、より高い還元率や豊富なクーポンの登場が望まれます。

QRコードには、もっと違う使い方を期待したい

ここまでQRコードを使った『決済』に焦点を当てて見てきましたが、Cashless JAPANとしては別の角度からQRコードに期待をしています。

2018年11月頃に話題となった『5×20 Goods App』というアプリはご存知でしょうか?これは、ジャニーズの国民的アイドルグループ『嵐』のコンサート会場で使える『グッズ販売をサポートするアプリ』です。

コンサート会場のグッズ販売は、購入の順番が回ってこないとグッズのイメージがしにくかったり、在庫状況が見えてこず、1人あたりにかかる時間は結構なものです。グッズを買うために早く会場に足を運び、行列に並ぶ必要がありとても辛い場面です。

5×20 Goods App』では、購入したいグッズをリスト化し、レジでQRコードを提示すると注文ができるというアプリです。『知らない人と知らない人が素早く繋がる手段』として優秀なQRコードの特徴を最大限に活かしている印象です。

このアプリがプラットフォーム化され、ライブ物販の環境が大幅に改善されることを期待しています。

QRコードは優秀!ただ、日本の決済には…どうかな?

QRコード自体はとても優秀なもので、アイデア次第で化ける技術だと思います。中国では安価なAndroid端末が一般に流通している背景からQRコード決済が普及したのも納得がいきます。

日本の端末スペックは、比較的良いものばかりです。これが果たして日本の決済にバッチリ合うか?と言われると疑問が残ります。

先進国であり、キャッシュレス分野でも先進国であるオーストラリアでは、NFC決済が拡く普及しています。クレジットカードにもNFC決済機能が搭載されており、コンタクトレス決済が標準の支払い方法とも言われています。

こういった事例から考えてみても、日本が目指すべきキャッシュレスの未来はQRコード決済メインではなく、コンタクトレス決済をメインとすべきだと考えています。

日本でもコンタクトレス決済に追い風が吹いてきています。

QRコード決済はもう時代遅れ!ローソンがApplePay対応でコンタクトレス決済に追い風に! Origami Payや楽天ペイなどで、既にQRコード決済がキャッシュレス決済の定番となってきています。しかし、実際にQRコード決済を...

QRコード決済をを信仰するか、コンタクトレス決済を信仰するか、あなたはどっち派ですか?はたまた現金派でしょうか?キャッシュレス情報を追うのは、今後も面白くなりそうです。

Cashless JAPANでは、キャッシュレスの何が良いの?普及させるには?を日々考えて発信しています。Twitterでも気になる最新ニュースを取り上げてお伝えしていますので、ぜひともフォローしてくださいね。