LINE Pay

【LINE Pay】キャッシュレス初心者にオススメ!LINE Payのメリットとデメリットとは?

2019年10月に消費税を10%への引き上げを控えており、増税対策としてキャッシュレス決済を行うと5%程度のポイントが還元される制度の導入が検討されています。この対策案については毎日のように賛否を問うニュースが飛び交っていますが、予定通り実施されることになりそうです。

支払い方法を変更するだけで5%のポイント還元を受けらますので、今まで現金を使ってきた人もキャッシュレスに関する情報は積極的に仕入れておくべきです。

初めてキャッシュレスに興味を持つ方が多い中、最近のキャッシュレス事情と言うと

  • 決済アプリが乱立している
  • キャッシュレスに関する情報が溢れすぎている

という状況になっており、一体何を使えば良いかの判断が難しいでしょう。本記事ではキャッシュレス初心者の方が、正しく賢くキャッシュレスの恩恵を受けられるような情報をお伝えします。

結論から言ってしまうと、Cashless JAPANとしてはLINE Pay」を推奨しています。なぜLINE Payを推奨しているのか、LINE Payのメリットやデメリットを混じえながら解説していきます。

LINE Payとは?

LINE Payは、コミュニケーションの定番アプリ「LINE」に内臓されている金融サービスです。実際に現金で行われているようなやり取りが可能であり、現金には無い便利な機能が備えられています。

LINE Payにの機能は大きく分けて下記の5つあります。

  • ウォレット機能
  • 決済機能
  • チャージ機能
  • 出金機能
  • 送金機能

上記の5つの機能が具体的に何ができるのかを1つずつ解説していきます。

ウォレット機能

LINE Payの「お財布」機能です。銀行口座やセブン銀行ATMから直接チャージを行ったり、送金などで得たお金を貯めておく場所です。LINE Payのお金は全て電子化されているため、お札や小銭といった概念がありません。

決済機能

LINE Payでお金を支払う機能です。ウォレットから直接支払ったり、連携したクレジットカードをLINE Pay経由で支払うこともできます。

連携したクレジットカードは、オンライン決済時のみ有効です。街中での支払いには、連携したクレジットカードを使うことができません。(街中ではウォレットからの支払いのみ対応)

チャージ機能

ウォレットに残高をチャージする機能です。銀行口座やセブン銀行ATMからチャージが可能です。残高不足の際には「オートチャージ機能」を使って、自動でチャージすることができます。

クレジットカードからチャージを行うことはできません。オートチャージ機能も同様に、クレジットカードからは利用できません。

出金機能

ウォレットの残高を現金として引き出す機能です。指定の銀行口座に移したり、セブン銀行ATMから直接現金を受け取ったりできます。どちらの方法でも手数料216円がかかるので注意が必要です。

送金機能

ウォレットの残高を送ったり、受け取る機能です。友達とお金のやり取りをスムーズに行うことができます。例えば、飲み会などで割り勘をする際にも、1円単位できっちり分けることができるようになります。

現金が足りずATMに走る必要が無くなり、財布の中身を気にする生活から解放されます。

LINE Payを使うメリット

キャッシュレス全体でも言えますが、現金では物理的に実現できなかったことが可能になります。例えば、送金機能を使うことで、北海道の人が沖縄の人に瞬時にお金を渡すことができます。このように、LINE Payは現金よりもスムーズなお金の流れを作り出すことができます。

しかし、送金機能を備えたスマホ決済アプリは多数あります。LINE Payを推奨する理由には沢山のメリットがあるためです。

誰でもすぐに始められる

LINE PayはLINEアプリに内臓されている金融サービスであるため、新しくアプリをインストールする必要がありません。若い世代はもちろん、お年寄りも多くの方が既にインストールしているので、誰でもすぐに始められるという手軽さがあります。

これほどまでにインストール障壁が無く、少しの設定だけで簡単に始められるのはLINE Payだけです。

クレジットカードに依存しない

PayPayやOrigami Pay等のスマホ決済アプリを快適に使うためには、クレジットカードを登録する必要があります。つまり、使う条件の一つに「クレジットカードを所持している必要がある」ということになります。日本では18歳以上の人でなければクレジットカードを作成できません。中学生や高校生を取り込むことができず、「誰でも使える」とは言えないのです。

LINE Payでは、クレジットカードからチャージを行えませんのでクレジットカードを持っていてもほとんど意味がありません。LINE Payを軸にしたLINE Payリアルカードを発行したり、将来的にはローンサービスが使えるようになったりと、クレジットカード無しでクレジットカードのような使い方ができる未来が予想されます。

PayPayやOrigami Payでも銀行口座からチャージすることも可能ですが、LINE Payがあえてクレジットカードからチャージを対応しないのは戦略としても素晴らしいと思います。クレジットカードチャージができるので、手軽すぎるために全ての人がクレジットカードを使うことでしょう。しかし、決済手数料を高くする原因になるため、あえて排除するのは根本から変えるLINEの強い意志を伺えます。

中学生や高校生など、クレジットカードを持たない人たちが一番取り掛かりやすいスマホ決済アプリがLINE Payだと考えています。

ポイント還元率が高い

LINE Payでコード(バーコードやQRコード)で支払いをすると、LINEポイントが還元されます。通常は0.5%~2%の還元率ですが、2019年7月31日まで3%上乗せになるキャンペーンが実施されています。

獲得したLINEポイントは景品と交換したり、1ポイント=1円 としてLINE Payウォレットにチャージすることができます。豊富な交換先が用意されており、交換ルートによってはANAマイルを効率的に貯めることもできます。

LINEショッピングを上手に使うとANAマイルを爆速で貯められるって知ってた?富裕層で無いと国際線のビジネスクラスやファーストクラスに乗ることは容易ではありません。ANAマイルを使うと、一般庶民の我々にも搭乗する機...
Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
LINEポイントの使用用途は今後も増えていくと思われますので、今のうちに貯めておくと良いですね。

豊富な支払い手段

LINE Payでは、他の決済アプリには無い「豊富な支払い手段」が用意されています。オフラインでの支払いも、オンラインでの支払いにも、状況に応じた様々な支払い方法を選択できます。

ここで言う「オフライン」と「オンライン」は、普段使われている意味と若干ニュアンスが異なります。

【オフライン】
街中での支払いのことを指します。

【オンライン】
Web上またはアプリ上での支払いを指します。

オフラインの決済手段

※ここで言う『オフライン』とは、街中での支払いのことを指します。

  • コード決済(バーコード・QRコード)
  • QUICPay連携
  • LINE Payリアルカード
  • NFC決済(現時点では台湾のみ対応)

一つのサービスで、これほど豊富なオフライン決済の手段が用意されているのはLINE Payしかありません。

LINE Payのリアルカードを発行すると、国内のJCB加盟店でクレジットカードのように使うことも可能になります。決済範囲が拡がり便利ではありますが、カードを持ち出すのが面倒な人には、QUICPay連携もオススメです。

通常のコード決済では、QRコードを表示させるためにアプリを立ち上げる必要があり、とても面倒に感じます。QUICPay連携をすることで、Suicaなどの電子マネーと同じように非接触決済でLINE Payが使えるようにもなります。現時点ではQUICPayを経由する必要がありますが、今後はLINE Pay単体で非接触決済に対応すると予想しています。LINE Payの未来を明るくする端末のポテンシャルの高さについて書きましたので、下記記事もご覧ください。

スマホ決済の主導権争いに終止符か!?LINE Pay据置端末のポテンシャルを紐解くベンチャー企業から大手企業まで、各社がスマホ決済業界の主導権を握ろうと熾烈な競争を繰り広げています。中でも『LINE』は他社の追随を許さ...

オンラインの決済手段

※ここで言う『オンライン』とは、Web上またはアプリ上での支払いを指します。

  • オンライン決済
  • 請求書支払い

<オンライン決済>
ZOZOTOWN等の通販サイトで支払いをすることができます。LINE Payに連携したクレジットカードから引き落としができたり、LINE Payウォレットからの支払い、と2種類の支払い方法から選ぶことができます。一見メリットが無いように思えるかもしれませんが、LINE Payに対応した通販サイトでは新たにクレジットカード情報を入力する手間が無くなり、スムーズなお買い物が実現できます。今後、対応サイトが増えてくるとメリットとして実感できると思います。

<請求書支払い>
LINE Payでは、紙の請求書の支払いが可能です。例えば、「電気代などの公共料金」や「ZOZOTOWNのツケ払い」や「GMO後払い」などに対応しています。LINE PayではPayトクと題した還元キャンペーンが不定期で開催されておりますが、この還元キャンペーンでも対象になっています。タイミングによっては、お得に支払いができますのでキャンペーン情報は要チェックです。

LINE Payも20%還元の『Payトク』は成功するか!?PayPayと異なる点のまとめも!PayPayが満を持して開催した『100億円あげちゃうキャンペーン』は、開始からわずか10日で終了する程に大盛況でした。このキャンペーン...

LINE Payのデメリット

ここまでLINE Payのメリットを見てきましたが、デメリットと感じる部分もいくつかあります。LINE Payを使わない人の中には、下記のデメリットを感じて使わない人もいると思います。ただ、LINE Payのデメリットは、今後の最大のメリットになりうるため、デメリット部分も伸び代だと捉えて楽しめると良いですね。

クレジットカードの連携・クレジットカードからチャージができない

スマホ決済アプリの多くでは、クレジットカードと連携して支払いを行うことができます。例えば、Origami Payで支払いを行うと、連携したクレジットカードから支払いが行われチャージを行う必要なく決済が完了します。

ユーザーとしては自動で引き落としされると便利なのは間違いありません。

しかし、加盟店側の立場で考えてみると、クレジットカードのチャージが原因で決済手数料が高くなるリスクがあります。スマホ決済アプリも利益を出さなくてはならないため、通常のクレジットカード決済手数料に加えてサービス料を加算しなくてはなりません。これでは加盟店の負担が大きくなり、導入する店舗は少なくなります。

LINE Payではクレジットカードでのチャージ機能を備えていないので、現金引き落としかセブン銀行ATMからのチャージが必要です。高いと言われるクレジットカードの決済手数料に左右されることなく、独自の決済手数料を確立しています。

最大のデメリットが、将来的に最大のメリットになることでしょう。

少し複雑な印象を受ける

少しLINEについて振り返ってみましょう。
LINEは通常のトークを行う分には、簡単で分かりやすい操作画面(UI)だと思います。トーク上で友達情報をシェアしたり、位置情報をシェアするなど、少し変わったことをすると迷ったりしませんか?

LINEではこういった少し変わったことをすると、途端に難しく感じる複雑な操作画面でもあります。多機能すぎるが故に起こる事例です。

LINE Payでも同じように、複雑な画面が多く、操作に迷うシーンが出てきます。通常の支払いを行う際には特別困ることはありませんが、より良いUIの開発が行われることを期待したいところですね。

LINE Payの使える店舗が明確ではない

PayPayやOrigami Payでは、どこで使えるかが分かるマップが実装されています。現在地周辺の店舗で使えるお店を探すことができます。

LINE Payでは、公式サイトに使えるチェーン店が掲載されています。実際に見てもらえると感じると思いますが、「分かりづらい」の一言に尽きます。「で?結局どこで使えるの?」というのが本音です。ちなみに、掲載されていないお店でも使えたりすることもあります。

Cashless JAPANではLINE Payを推していますが、コンビニでの利用に留まっています。とても便利で広まって欲しいのですが、まずは使えるお店が思考停止していても分かるようなマップを用意して欲しいですね。

LINEの実績から見るLINE Pay

利便性に欠けているLINE Payですが、将来性としては最も未来が明るい決済アプリだと考えています。それは、これまで培ってきたLINEの実績を見れば理解できると思います。

「日本の会話を大きく変えた」という実績

LINEが登場するまでは、各携帯会社のメール機能を使ってコミュニケーションが取られてきました。2011年の東日本大震災をきっかけに、ネット回線を使うLINEが人気を集め、日本の会話を大きく変える結果となりました。

LINEには若者だけではなく、お年寄りも巻き込み「日本の会話を大きく変えた」という大きな実績があります。LINEは「金融が変わる。LINEが変える。」と掲げて金融サービスの展開をしていますが、本当に実現できるポジションにいます。

LINEではLINE Payだけじゃなく、LINEが持つ一般サービスや金融サービスから攻めている印象で、他の決済アプリを大きく突き離しており、断トツでトップを走っています。

安定したサービスを提供した実績

日本のコミュニケーションの多くはLINEを使って行われています。莫大なユーザー数を抱えており、莫大なトーク数も秒単位で行われています。そんな状況でも、停止することなく継続して安定したサービスが提供されています。

中でも元旦の「明けましておめでとう」の集中的な負荷にも遅延なく、余裕でさばいてしまうノウハウは、日本中の決済処理をさばくのは容易であることでしょう。

PayPayでは、ユーザー数急増が原因でサーバーが落ちてサービス停止してしまう事態を招きました。店頭ではPayPayを使おうとする人たちで溢れ、対応に追われ混乱する店頭が続出するという騒動になりました。安定しない決済サービスでは信頼性が失われ、発展も期待できません。

日本中の莫大な会話を毎日さばくLINEは、安定したサービス提供の実績でもあります。LINE Payの安定性をも表す重要な実績です。

何を使うか迷ったらLINE Payを試してみよう!

この記事では、なぜLINE Payが良いのか?メリットとデメリット、実績を混じえながら解説を行ってきました。

スマホ決済アプリで何を使えば良いのか迷ったら、まずはLINE Payを触ってみましょう。他のアプリはできないこと、安定性、信頼性の面でも最も優れているアプリとして推奨しています!