ニュース

LINEショッピングを上手に使うとANAマイルを爆速で貯められるって知ってた?

富裕層で無いと国際線のビジネスクラスやファーストクラスに乗ることは容易ではありません。ANAマイルを使うと、一般庶民の我々にも搭乗する機会は十分にあります。

しかし、マイルってそう簡単に大きな額を貯めることができませんよね…。

正しく情報を得ていれば、実はそうではありません!

この記事では、ANAマイルを爆速で貯めることができる方法をご紹介していきます。

必要なANAマイル

まずは目標となるANAマイルを知っておきましょう。

本記事の搭乗目標
  • ニューヨークを往復。
  • ビジネスクラス搭乗。

この例で解説を進めていきます。

ゾーン区分

特典交換の際に、必要マイルを確認するためには、まずゾーンという仕組みを知っておきましょう。あなたがどこを目指すかを明確にし、見るべきゾーンを確認しましょう。

ゾーン1 日本
ゾーン2 ソウル
ゾーン3 北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、 マニラ
ゾーン4 シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、 クアラルンプール、 プノンペン
ゾーン5 ホノルル
ゾーン6 ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、 ニューヨーク、 シカゴ、 ヒューストン、 バンクーバー、 メキシコシティ
ゾーン7 ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル、 ウィーン
ゾーン10 シドニー

今回の例では『ニューヨーク』を目的地としているので、『ゾーン6』ということになります。

ゾーン別の必要マイル数

ゾーン毎に必要なマイルがことなります。目的地に行くためにはどれだけのマイルが必要かを確認します。

※表は全て日本発着のローシーズンの必要マイルです。

ゾーン2 エコノミー:12,000マイル
ビジネス:25,000マイル
ゾーン3 エコノミー:17,000マイル
ビジネス:35,000マイル
ゾーン4 エコノミー:30,000マイル
プレミアムエコノミー:46,000マイル
ビジネス:55,000マイル
ファースト:105,000マイル
ゾーン5 エコノミー:35,000マイル
プレミアムエコノミー:53,000マイル
ビジネス:60,000マイル
ゾーン6 エコノミー:40,000マイル
プレミアムエコノミー:62,000マイル
ビジネス:75,000マイル
ファースト:150,000マイル
ゾーン7 エコノミー:45,000マイル
プレミアムエコノミー:67,000マイル
ビジネス:80,000マイル
ファースト:165,000マイル
ゾーン10 エコノミー:37,000マイル
プレミアムエコノミー:54,000マイル
ビジネス:65,000マイル

ニューヨークは『ゾーン6』で、ビジネスクラスへの搭乗となりますので、『75,000マイル』が必要となります。

爆速で75,000マイルを貯める

ここからが本題となります。ニューヨーク往復のビジネスクラスには75,000マイルが必要であることが分かりました。では、この75,000マイルを爆速で手に入れる方法を見ていきましょう。

LINEショッピングのキャンペーンを活用せよ!

ANAマイルを爆速で貯める方法には、『LINEショッピング』を活用します。LINEショッピングでは、ユーザー獲得のために驚愕のポイント還元キャンペーンを頻繁に実施しています。

今回ピックアップするキャンペーンは『歳末日替わり超得祭 毎日20%還元!!』です。日替わりで対象ショップで購入した金額の20%をLINEポイントとして還元してくれるキャンペーンです。

対象ショップは多数ありますが、中でも注目したいのは『HP ダイレクトプラス』です。『HP ダイレクトプラス』は、パソコンの通販サイトです。

ラインナップを見てみると、
・『115,000円』の商品を購入すると、『21,296ポイント』
・『169,800』の商品を購入すると、『31,444ポイント』
・『185,300』の商品を購入すると、『34,314ポイント』

など…。高ポイント還元であることが分かると思います。

この高いポイントである本キャンペーンを活用する前提で話を進めていきます。

LINEポイントをANAマイルに交換する

高い還元率でLINEポイントを獲得できることが分かりましたが、肝心なANAマイルへの交換方法を知っておきましょう。

ソラチカルート

LINEポイントをANAマイルに交換する際に、『ソラチカルート』と呼ばれるルートでANAマイルに交換すると、81%のレートで交換できます。

例として、10,000LINEポイントをスタートとします。

  1. 10,000LINEポイントを『メトロポイント』に交換する。
  2. 9,000メトロポイントに交換できる。
  3. メトロポイントをANAマイルに交換する。(ソラチカカードが必要)
  4. 8,100マイルに交換できる。

このように、LINEポイントを81%レートでANAマイルに交換することができます。

必要なLINEポイントを計算

では、今回の例であるニューヨーク往復に必要な『75,000マイル』に交換するために必要なLINEポイントを計算してみましょう。

必要なLINEポイントの計算式

必要なマイル数 / 0.81

この計算式に当てはめると、ニューヨーク往復の場合『92,593LINEポイント』であることがわかります。

20%LINEポイント還元で必要な購入金額

では、次に92,593LINEポイントを獲得するには、いくら分のパソコンを購入する必要があるかを計算します。

必要LINEポイント獲得のための購入金額

必要なLINEポイント / 0.2

この計算式に当てはめると、『462,965円分』の購入をすれば良いことが分かります。

通常購入とマイルの比較

ニューヨーク往復には462,965円必要であることが分かりました。果たして、これはお得なのでしょうか?

<金額はクラスCで統一>

現金 931,000円
マイル 75,000マイル(462,965円)

ある日の金額で算出してみると、このような結果に。約半分くらいの料金で搭乗することができます。

しかもLINEショッピングではパソコンを購入することになるので、パソコンを上手に売りさばくことができれば、無料~10万円くらいの負担で搭乗できる計算です。

LINEショッピングを上手に活用しよう!

このようにLINEショッピングを活用すると、お得になることがあります。LINE側もユーザーを獲得するために必死であるため、高ポイント還元のキャンペーンが頻繁に実施されています。

こういったキャンペーンを活用してお得に海外旅行に行くのはいかがですか?