POSシステム

モバイルPOSで変わる接客業!iPadレジ導入でこんなに変わる!

低いコストで導入・運用ができるモバイルPOS。iPadやAndroidタブレットアプリで動く新世代のレジアプリのことを指します。例えば、リクルートが運営する『Airレジ』やSquare社が運営する『Square』などがあります。

これまでのPOSレジと言うと、大きなコンピュータ上にソフトウェアをインストールして使用する大型のモノが主流でした。場所も取る割には拡張性が低く、決まったことしかできないやや不便なものでした。

それに対して、モバイルPOSは高機能かつコンパクトなものばかりです。従来のPOSレジからモバイルPOSに乗り換えをした場合、どんなメリットが待っているのかをご紹介します!

対応すべき支払い方法だけを受け身で!

多くのモバイルPOSには、クレジットカードやデビットカードの決済機能が付いています。特別な申込みをする必要無しに利用できる手軽さはとても良いですよね!

2018年に入ってから、『LINE Pay』や『Origami Pay』などのペイメントサービスが乱立しており、情報を追って対応するのは大変です。こういった本当に必要な支払い方法をモバイルPOSサービスの会社が吟味し、対応すべき支払い方法を受け身で使用することができます。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
決済方法の情報を追うのは本来の姿ではありません。面倒なことはSquareなどのサービスに任せましょう!

お祭りやイベント会場でもレジが使える!

外での催し事では、簡易的な計算機とセキュリティの低い容器に入った現金のみの取り扱いばかりです。当然、クレジットカードもデビットカードも取り扱ってくれません。人混みや手が塞がりやすい状況下で現金に触れるのは、お客さんとしても大変なストレスです。

モバイルPOSではこの問題を解決してくれます。

電波の通るところであれば、iPadなどのタブレット端末とコンパクトな周辺機器を会場に持ち込むだけでモバイルPOSが使用できます。たったこれだけで正確な現金のやり取りや、クレジットカードやデビットカードの対応が可能になります。

モバイルPOSの中でも、『Square』を選べば、オフラインで使用できます。しかもクレジットカードの支払いもオフラインで受け付けることができる機能があります。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
お祭りなどで小銭のやり取りをしたり、大きなお金はお釣り対応の迷惑になるんじゃないか?と考えがちですよね。キャッシュレスならそんなメンタル面も解決できます。

店頭販売とネット販売を同時にできる!

Square』なら『WiX』や『weebly』などと連携することができます。これらと連携を行うと、簡単にネットショップを開設することができます。

プログラミングの知識は必要ありません。サイトの管理と注文状況、発送対応だけに専念するだけです。weeblyなら月額8ドル程度を支払うだけでお店のファンを全国に拡げることができます。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
実店舗ではお客さんと密なコミュニケーションが取れるメリットがあります。しかし、単純にお客さんの数を増やすためには、ネット販売も視野に入れるべきです。マイナスなことは特に無いので、『とりあえずネット通販しよう』という選択肢が増やすことができます。

クレジット決済分の資金繰りが早い!

開業して間もない頃、限られた資金で営業しなくてはなりません。現金のみの取り扱いであれば、お客さんから直接現金を頂くので問題はありません。しかし、クレジットカード等で支払われたお金は月に1~2回程度しか入金される機会がありません。これでは資金繰りが苦しくなります。

かと言って、クレジットカード決済に対応しないとお客さんを取りこぼす可能性があります。

そんな悩みもモバイルPOSサービスを使えば解決できます。『Square』は最短で翌営業日に口座に入金をしてくれます。入金サイクルの早さは業界でもトップレベルです。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
最短で翌営業日に振込をされるのはSquareだけです。POSレジアプリ導入を検討していて、クレジットカードによる資金繰りでためらっているのでしたら、『Square』検討してみてくださいね。

お金に関する作業が激減する!

今までPOSシステムを導入していなかったら、圧倒的にレジ締め作業が楽になります。キャッシュドロアの中に入っている現金を数えて、その金額を入力するだけ。今まで時間がかかっていた時間が大幅に削減できます。

『Money Forward』や『freee』と連携をすると、口座やカード明細の記帳が自動化できるようになり、日々の経理作業を迅速に処理できるようになります。

モバイルPOS単体ではできない処理を、外部のアプリケーションと連携をすることで業務効率がグッと向上できるでしょう。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
今までお金に関する仕事が多くありましたが、可能な限り自動化してビジネスに専念できる環境を構築しましょう。

便利なアプリケーションと連携ができる!

『お金に関する作業が激減する!』の中でも説明しましたが、モバイルPOSアプリでは外部の便利なアプリケーションと連携することができます。モバイルPOSアプリ単体では処理できないことを、外部のアプリケーションに任せて業務を極限まで自動化することができます。

今はまだ連携できるアプリケーションは多くはありません。モバイルPOSが主流になる時代が到来すると、アプリケーションの開発が活発になると予想されます。今まで『アレができたらいいな!』と思っていたニッチなニーズにも応えてくれるようなアプリも出現することでしょう。

そのためには、APIを公開しているモバイルPOSを選択する必要があります。Cashless JAPANとしては、APIを無料で公開しており、Twitter社のCEO『ジャック・ドーシー』がCEOを務めるSquare社の『Square』をおすすめしています。

日本ではまだ販売されていませんが、『Square Register』が海外で販売されています。Square社はアプリケーションのみならず、デバイス開発にも力を入れていることが伺えるかと思います。世界中のPOSの常識を覆す革命的なプロダクトであることは間違いありません。

どのモバイルPOSにしようか悩んでいる状況なら、間違いなく『Square』を選んでおくべきです。日本の会社では実現できないことを世界レベルで行っています。

 

お店を運営するとどうしてもかかってしまう様々なコストを最大限に抑えることができるモバイルPOS。大型のPOSシステムを導入するよりも、大きくコストを下げることができるためオススメです。