POSシステム

iPadがPOSレジに大変身!コストを下げてお店をオープンしよう!

iPadアプリで、ゲームや画像の編集ができるモノなど、ジャンルを問わず様々なアプリがあります。これまでパソコンを用いないとできないと思われていたことが、小さな端末の中で実現できるようになってきています。それは個人の生活だけではなく、ビジネスの部分でも同じことが言えます。商業向けの『POSレジ』も遂にiPadアプリとして登場しています。

つまり…

iPadがPOSレジとして使えてしまう!

ということなのです。
しかもPOSレジになるだけではなく様々なアプリケーションとの親和性があり、これまでの面倒な仕事を自動化できてしまう優れものです。

本記事では、導入コスト・ランニングコストを下げて安価にお店をオープンしたい方に向けてお話させて頂きます。

iPadがPOSレジとして使える!

にわかには信じがたい言葉ですが、本当に可能なことなのです。最近では実際に導入している店舗も増えてきており、目にすることも多くなってきています。

iPadレジを導入する主な職種

・美容院
・アパレル
・飲食店

などの業種が主に導入をしています。
残念ながら、小売業ではまだまだ普及が進んでいない印象です。仕事柄ひたすらレジに打ち込みをし続けるため、パソコンなどの大型機器での入力が適しているからでしょう。

とは言え、小売業以外であればどの業種でも使うことができます。

iPadをPOSレジ化にかかる費用

iPadをPOSレジとして使用するために必要なモノを見ていきましょう。

iPadレジ導入に必要なもの

・iPad(AndroidタブレットでもOKですが、未対応サービスや未対応の周辺機器もあるので注意が必要です。)
・レシートプリンタ
・キャッシュドロア
・SquareやAirレジなどのPOSレジのクラウドサービス(無料)

最低限必要なものはこの4点だけです。

iPad

参考価格:40,824円~

Androidタブレットのように、個体差トラブルが少なく安心して使用することができます。低価格で高いパフォーマンスを発揮できる定番のタブレット端末です。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
タブレット端末の定番ですね!

レシートプリンタ

参考価格:35,000円~

レシートを印刷するための周辺機器です。
従来と変わらない印刷ができます。感熱対応の機器が多く、インク不要の印刷ができます。モバイル型や据え置き型があります。使用するPOSレジアプリが対応しているプリンタであるかもチェックするようにしましょう。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
Bluetooth接続にするか?有線接続にするか?モバイルにするか?据え置きにするか?など、検討するポイントがたくさんありますね。Square公式が発表している記事が参考になるので、確認してみてください。

キャッシュドロア

参考価格:15,800円~

現金を収納するための機器です。紙幣や硬貨を整理して収納することができます。ほとんどの機種で決済を行うと自動で開く機能が付いています。『レシートプリンタ』と同様に対応サービスが異なりますので、購入前に使用できるかを調べておきましょう。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
日本円に対応している機種を選択しましょう!中には海外モデルのモノもあるので注意してくださいね。

POSレジのクラウドサービス

参考価格:0円~

iPadをPOSレジ化するためのアプリケーションです。一日の終わりの面倒な作業を素早く終わらせられ、オンライン上でデータを管理することができます。現金やカード決済、Apple Payなど多様な支払い方法が標準機能として備わっているのも特徴のひとつです。

これだけリッチな機能が付いて月額無料で利用できます。
なぜ月額無料で利用できるのかは本記事の下部で説明します。

Cashless JAPAN
Cashless JAPAN
サービス側に支払う手数料は、クレジットカード決済があったお会計だけ!現金払いだけなら無料で使えてしまいます!

外部アプリを使うと、簡単に通販サイトを立ち上げることができます。また、会計ソフトのfreeeと連携をすると、売上の集計作業やクレジットカード決済の入金確認が自動化され、より効率的な売上管理、店舗運営が可能になります。

すべて揃えても、こんなに安い!

上記の4点が必要なものです。合計してみると…

100,000円以下で全て揃えることができます!

ということになります。既にiPadをお持ちでしたら、6万円以下です。かなり低コストですよね…!

iPadをレジ化するメリット

とても格安で導入することができるPOSレジアプリですが、果たしてこれを導入するメリットはどんなものがあるのでしょうか?

1. コストが圧倒的に低い!

先でも既に触れてはいますが、全体的なコストが大幅に下がることです。一般的な大型POS機器では、端末だけで400,000円以上もします。この機器だけでは動作できず、システムも併せて購入する必要があり開業の際には大きな負担となってしまいます。

導入コストを4分の1以上に削減できるほか、ランニングコストも低いことも大きなメリットです。

2. 洗練されたUIで快適な操作

一般的に販売されている大型POSシステムでは、難しそうな画面に複雑な操作が必要です。どこに何のボタンがあるのか?説明されないと、右も左も分からないものがほとんどです。

iPadレジアプリでは、日々UI / UX のスペシャリストたちによって快適な操作性が追求されています。それを反映するアップデートが頻繁に実施されています。その結果誰でも使いやすいような画面を使うことができるのです。

特にiPadアプリでは、Appleが定めた『デザインガイドライン』というものがあり、Appleが審査を通したものしかリリースされません。言い換えると、Appleが認めた操作性のレジアプリなのです!

3. 面倒なお金の作業が簡単に!

お店を営業すると、毎日『レジ締め』という作業が発生します。レジ締めとは、売上集計や現金の過不足を確認(お釣りの渡し間違いが無いかをチェック)する作業です。

1日に数回に分けて実施をすることが多いですが、前回行ったレジ締めから今回行うレジ締めでいくらレジの中にあれば良いのか?を計算機で計算する必要があります。

これがとても面倒で、どんなに慣れていても時間がかかってしまいます。作業中はレジを使えず混雑の原因にもなります。そんなことにならないためにも、できる限り少ない時間でスムーズに終わらせたい作業なのです。

iPadレジアプリでは、レジ内の現金を数えて、その金額を入力するだけで過不足分を確認できる機能があります。複雑な作業が、『現金を数える』だけになるのです。

レジ締めという名前が似合わないレベルになりますね!笑

4. カード払いされたお金を短期間で現金化できる!

クレジットカードなどで決済されたお金は、月に1回 または 2回程度しか振り込まれるタイミングがありません。現金が入ってこない!という問題があり、開業したばかりの店舗にはとても痛いと思います。かと言ってカード払いを断ってしまうと、すべてのお客さんをカバーできず、機会損失の原因となってしまいます。

iPadレジアプリを使えば、この問題も大きく解決できます。

Squareでは、『最短翌営業日にご登録金融機関の口座に入金』されるというサービスがあります。現金が足りなくお金に困るということが一切無くなります。

5. 様々なサービスとの連携して、リッチな機能が使える!

iPadレジアプリは、クラウド上でデータが処理されます。このクラウド上のデータを用いて外部サービスとの連携ができます。

会計ソフトfreeeと連携すれば…

会計サービス『freee』と連携すれば、銀行口座やカード明細の取り込みや記帳の自動化ができるようになり、日々の経理作業を迅速に行うことができます。

通販サービスWeeblyと連携すれば…

ECサービス『Weebly』と連携すれば、Webサイト上で商品を簡単に販売することができます。店頭販売とWeb販売を同時に行うことができ、全国にお店のファンを作ることができます。

連携サービスは日々増えており、今後もより便利なサービスが使えるようになると予想されます。

このように、かなりのメリットが発生します。低価格で様々な作業の自動化を実現できます。

Cashless JAPANがオススメする
iPadレジアプリ

ここまでiPadレジアプリについてお伝えしてきましたが、どのサービスを使えばいいのか?という疑問が出てきます。
実は本記事でお伝えした内容は、『Square』というサービスを元に記載しています。Squareを使えば、ここに書かれたすべてのメリットを手に入れることができます。

Squareは、Twitter社のCEOを務める『ジャック・ドーシー』が作ったサービスです。Square社についても、ジャック・ドーシーがCEOを務めています。世界的サービスを生み出した彼がトップで動いているSquareには期待と信頼を持てるはずです。

また、APIという仕組みを開放し、世界中のエンジニアがSquareを盛り上げていく機能を開発できる環境を提供しています。そこから便利で革新的なSquareアプリが誕生が期待されます。

海外のSquareでは、『Square Register』というPOSに特化したデバイスを独自で開発するなど、日本でのサービス拡大も期待できます。

日本の企業にはできない速度の早い開発力で素晴らしい恩恵を受けてみませんか?

もちろん、Squareも月額利用料は無料で利用できます。
ただしクレジットカード決済の度に3.25 ~ 3.9%程度の手数料を支払う必要があります。一見、高い手数料に見えますが、クレジットカードの使用自体に手数料が発生します。これを含んだ状態で3.25% ~ 3.9%程度の手数料ということになります。

POSアプリの手数料の仕組み

クレジットカードの手数料は、2~3%程と言われています。つまり、Squareの利用自体は0.2% ~ 0.9%ほどの手数料で利用ができてしまうのです。わずかな手数料で大きなメリットが手に入れることができます。

Squareでは、迅速なサポートをしてくれます。質問等をすると1日足らずで返信をくれることが多々あります。まずはSquare導入を検討し、色々と聞いてみてはいかがでしょうか?