POSシステム

キャッシュレス決済の種類一覧と比較!【クレジットカード決済・電子マネー決済・スマホ決済】

2019年10より政府主導の「キャッシュレス・ポイント還元事業」が開始されます。名前の通り、「キャッシュレスを使って消費者に還元を行う」という企画なのですが、まだまだキャッシュレス決済の理解を得られておらず、導入に至っていない店舗が多いというのも事実です。

消費者がキャッシュレスを使いたいと思ったとしても、店舗がキャッシュレス決済の導入をしていなければ使うことができません。この還元事業では店舗の理解が必要不可欠なのです。

政府主導の「キャッシュレス・ポイント還元事業」を無視して、キャッシュレス決済を導入しないのは「セール実施店舗が溢れる中で、定価販売で戦っていく」というような状態と同じで不利になってしまうことにも気づいて頂きたいのです。

この記事では、キャッシュレス決済について整理をし、導入に至っていない店舗への手助けになれれば幸いです。店舗経営者・責任者へ向けて「キャッシュレス決済の要点」に絞って分かりやすくお伝えします。

この記事で何が分かるの?
この記事で分かること
  • キャッシュレス決済にどんな種類があるかが分かる!
  • クレジットカード決済にも様々な種類があるのが分かる!
  • おすすめのスマホ決済が分かる!

キャッシュレスとは?

はじめに”キャッシュレス”という言葉の意味を確認しておきましょう。

”キャッシュレス”という言葉の定義は様々ありますが、経済産業省は「キャッシュレス・ビジョン」の中で下記のように定義しています。

本ビジョンにおける「キャッシュレス」については、 「物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」を指す

資料では「現金を使わないこと」をキャッシュレスの定義としています。経済産業省がこのように定義していますので、本記事でも同じ定義をしておきます。

キャッシュレス決済を利用する場面

キャッシュレス決済は「現金を使わないこと」を指していますが、大きく分けて2つの場面で使われています。

オンラインで使う
インターネット通販やテレビショッピングなどでのお支払いです。非対面形式での支払いがこれがに該当します。


オフラインで使う
店舗でのお支払いです。店員さんとお客さんが対面する形での支払いがこれに該当します。

この記事では、「店舗でのキャッシュレス」をテーマにしていますので、「オンラインで使う」に当たるキャッシュレス決済に焦点を当ててご紹介していきます。

オフラインで使える”3種類”のキャッシュレス決済

それでは、「店舗で使えるキャッシュレス決済」にはどのようなものがあるかを具体的に見ていきましょう。

店舗で使えるキャッシュレス決済には、大きく分けて下記の3種類あります。

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • スマホ決済

これらの決済について1つずつ見ていきましょう。

クレジットカード決済

クレジットカード決済はご存知の通り、クレジットカードを使ったお支払い方法です。「デビットカード」や「プリペイドカード」は一部で使えないシーンもありますが、「クレジットカード決済」という同じ扱いになります。

クレジットカードでは3つの形式で決済が可能です。

磁気ストライプ決済

黒い帯の部分が磁気ストライプ

磁気ストライプを読み取って決済を行う形式です。決済端末にスライドさせて読み込みます。決済の際にはサインを頂く必要があります。

現代ではセキュリティで懸念点が多くあるため、カード会社はICカードへの移行を呼びかけています。そんな中、プリペイドカードでは磁気ストライプが採用されることが多いのも事実です。

ICカード決済

金色の四角い部分

ICチップが埋め込まれているカードで利用できる決済です。決済端末に差し込んで暗証番号を入力して利用する形式です。決済時にはサインが不要ですが、支払い金額や店舗契約条件によってはサインが必要になることもあります。

複製が難しいとされており、セキュリティ対策が施されているクレジットカードです。磁気ストライプからICカードへの移行が進められていて、2020年までに100%の移行完了を目指しています。

コンタクトレス決済

Wi-Fiのようなマークが対応の印
(リップルマークといいます)

リップルマークが記載されているクレジットカードで利用できる次世代の決済形式です。決済端末にタッチするだけでお支払いが完了するので、スキミング対策に有効として注目されています。基本的にサインは不要なのでスムーズにお買い物ができます。

まだまだ決済端末が対応していない店舗が多いため、普及には時間がかかりそうです。

クレジットカード決済を導入するならSquare!

Squareのオリジナル端末
Square StandとSquare Reader

クレジットカード決済を導入するなら、iPadをPOSレジとして利用できる「Square」というモバイルPOSが大変便利です。POSレジ機能は無料で利用できます。クレジットカード決済を行う際にのみ決済手数料3.25%~がかかります。もちろん、現金の取り扱いも可能で、その際は手数料は一切かかりません。

Squareでは「磁気ストライプ決済」や「ICカード決済」や「コンタクトレス決済」の全てに対応しています。これほど決済形式が揃ったモバイルPOSはSquareだけです。

新規店舗をオープンされる方、レジの入れ替えをお考えの店舗はぜひともSquareを検討してみてください。

Squareの詳しい説明は下記記事をご参照ください。

電子マネー決済

スマートフォンの電子マネーで改札を通る様子

電子マネー決済はFelicaという技術を使ったキャッシュレス決済です。Suicaなどの交通IC系もその中の一つです。クレジットカードのコンタクトレス決済とは異なる規格が採用されているため、一緒くたにしないよう注意してください。

具体的な銘柄としては、
Suica / 楽天Edy / iD / QUICPay / nanaco / WAON
などがあります。

基本的にはチャージが必要で、たびたび現金を使ってチャージをするシーンもあります。

スマホ決済

スマホ決済はバーコードやQRコードを用いて決済を行います。店舗側は決済端末やスマートフォン端末を用意する必要がありませんので、低コストでキャッシュレス決済を始められるメリットがあります。

店舗は上記のようなQRコードがプリントされた台紙を設置しておくだけで「スマホ決済を受け入れる体制」が整います。操作も一切不要なのでオペレーションコストも抑えることができます。

しかし、お客さんの通信環境・操作スピードに依存しますので、必ずしも便利で楽になるとは言いづらいのが実情です。それでも決済端末を用意する必要が無いという観点では、ぜひとも導入を検討すべき決済手段であります。

スマホ決済は乱立しており、店舗側も何を導入すべきかの判断が難しいことでしょう。そんな店舗のためにCashless JAPANでオススメのスマホ決済を2つに厳選しました。

LINE Pay

LINE Payは、LINEアプリ上で利用できるスマホ決済です。お客さん側が利用するためには本人確認が必要となりますが、LINEの圧倒的シェア率は潜在的利用者が多くいることを意味します。

LINEの利用者層は幅広いですが、明らかに若年層からの支持が絶大です。

今後、LINEがキャンペーンを打ち出したり、何らかの魅力的なサービスを展開した際には爆発的な利用者の増加が見込めますので、ぜひとも導入を検討してみてください。

2021年7月31日まで決済手数料が無料となっていますので、「とりあえず導入」をしてみると良いでしょう。(隠れたリスク等は一切ありません。)

PayPay

PayPayはソフトバンクグループの莫大な資本を活用し、前代未聞の大規模キャンペーンで話題のスマホ決済です。親会社にヤフー株式会社がおり、Yahoo!JAPANとの連携をするなど今後の動向に注目したいところです。

Yahoo!JAPANはユーザーの高年齢化が進んでいます。この先はYahoo!JAPANを軸にPayPayの普及を進めていくものと見られるので、中年層以上のユーザーを確保できると期待できます。

導入の最大のメリットが大規模キャンペーンです。消費者に20%還元をするなどのキャンペーンが度々展開されていますが、これは見方を変えると、貴店の商品をPayPay株式会社が負担してセールを開催してくれているということと同じです。

また、2021年9月30日まで決済手数料が無料で利用できます。一切リスクの無い導入ができるので試してみてください。(現時点で決済手数料が発表されていませんので、2021年10月以降は注意が必要です。)

3種類のキャッシュレス決済を比較!

クレジットカード決済、電子マネー決済、スマホ決済を比較していきましょう…!と言いたいところですが、各種決済はすべて特徴が異なりますので比較対象とはなりません…!

この記事を最初から読み返して頂ければ、特徴はご理解頂けると思いますし、どれを導入すべきかが分かることでしょう。

Cashless JAPANとしては、

クレジットカード決済
VISA / MasterCard / アメリカン・エキスプレスに対応する形で導入する。JCBは手数料が高いので避けても良い。ただし高級店や客層に応じて対応しておくべき。最適な決済端末はSquare

電子マネー決済
Suica / iD / QUICPayに対応する形で導入する。2019年内に電子マネーに対応するSquareの導入で解決。

スマホ決済
LINE Pay / PayPayに対応する形で導入する。Airペイなど決済代行業者が提供するQRコード決済は手数料が発生するため、各サービスとの直接契約を推奨。

というように推奨しています。

キャッシュレス決済に対応する際には、Squareの導入を推奨している訳ですが、これには様々な理由があります。少しでも興味を持った方はこちらの記事をご覧ください。